前ページへ

目次へ

次ページへ

4.エクスプローラでできるいろいろな操作
  エクスプローラは内部を探検するのみならず、ファイル(ショートカットアイコンを含む。以下同
  様)やフォルダについていろいろな操作(複写/移動/削除/復活/名前の変更等)をすることが
  できます。
  
 (1) ファイルやフォルダの選択方法
  まずその前に、これから操作をしようとするファイルやフォルダをどうやって選択するかを勉強し
  ます。選択方法は次の3通りです。
    @ 一つだけ選択する
    マウスでファイルまたはフォルダをシングルクリックすると背景が青くなります。この状態で
    一つだけ選択されたことになります。(ウェブスタイルに設定されている場合は、マウスをシ
    ングルクリックするとオープンまたは実行されますので注意をしてください。そのときは、ポ
    インタするだけで選択されます。)
    A すべて選択する
    メニューの「編集」→「すべて選択」をクリックすることで、あるフォルダの中をすべて選択
    できます。また、Ctrl+Aのショートカットキーでも同じ結果を得ることができます。すこしテ
    クニックが必要になりますが、このように、マウスでもすべてまたは次の (ウ)複数を任意に連
    続選択することができます。
    B 連続した複数を選択する
    まず連続する最初のファイルまたはフォルダをマウスでクリックして選択し、その後マウスポ
    インタを移動して最後のファイルを Shiftキーを押した状態でクリックすると、連続して複数
    を選択することができます。
    C 任意の複数を選択する
    まず最初のファイルまたはフォルダをマウスでクリックして選択します。その後Ctrlキーを押
    したまま任意のファイルまたはフォルダをマウスで次々と選択します。
 (2) ファイルやフォルダの複写/移動/作成/削除/復活/名前の変更
  ファイルやフォルダの複写や移動等は、いろいろな方法で実現することができますが、あれやこれ
  やを覚えても迷うだけですので、最も汎用的かつ確実な方法を紹介することとします。
    @ 複写/移動
    ショートカットアイコンの作成のところで勉強したようにファイルやフォルダを選択して右ク
    リックしたまま目的の場所(フォルダ)までドラッグします。手を離すとこのような補助メニ
    ューが出ますので、「ここに移動」か「ここにコピー」を選択します。なお、太字で表示され
    ているのは左クリックをしてドラッグした場合の動作を示しています。
    また、USBメモリへコピーをしたい場合は、ショートカットメニューの[送る]→[USBメモリ]
        クリックするのが最も確かで早くて便利です。
    A 作成
    ファイルを作成する場合は、ワープロや表計算等のアプリケーションソフトに委ねることとな
    るので、ここでは、フォルダの作成について説明をします。
    フォルダを作成したい親フォルダの内容表示フレームの中で右クリックし、ショートカットメ
    ニューの「新規作成」→「フォルダ」をクリックします。すると「新しいフォルダ」という名
    前のフォルダが作成されるので、その後、適宜名前を変更してできあがりです。
    B 削除
    削除する場合、ゴミ箱へドラッグする方法が一番簡明で便利なように思えますが、いつもゴミ
    箱が見えているとは限りませんので、私はこれを余りおすすめしません。私なら、どんな場合
    でも有効なショートカットメニューによる削除またはDeleteキーによる削除をお奨めします。
    削除をしようとすると、このような警告のウィンドウが表示されますので、「はい」を押して
    完了です。削除されたファイルはいったんゴミ箱へ移動することとなります。
    C 復活
    ファイルやフォルダは削除するといったんゴミ箱へ移動することとなりますが、このゴミ箱に
    ある間は復活が可能です。このように、ゴミ箱を開いて復活したいファイルやフォルダを選ん
    で右クリックし、ショートカットメニューの「元に戻す」をクリックするか、あるいは、エク
    スプローラーの上部の[この項目を元に戻す]をクリックすれば、元にあった場所に復活します。
    D 名前の変更
    このように、名前を変更したいファイルまたはフォルダを選んで、右クリックして表示される
    ショートカットメニューの「名前の変更」をクリックすると、名前の変更をすることができま
    す。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
inserted by FC2 system